数万円借りたい

\今すぐ数万円借りたいなら/

トップページ

「給料日前の金欠を何とかしたい」
「急な出費で生活費が足りない」
「2、3万でいいから借りたい」


今すぐお金が必要な方へ。
当サイトでは、今日中にお金が借りれるおすすめの方法について詳しくご案内しています。

確実に2、3万円借りたいなら、審査が早く借入までのスピードも早い大手カードローン会社の利用がおすすめです(※最短1時間融資)。

数万円だけ借りるなら無利息サービスをフル活用!

大手カードローン会社では、はじめて利用する方に限り「最大30日間利息0円」になるサービスを実施しています。30日以内に借入額を全額返済できれば、無利息で借りれるとてもお得なサービスです。

数万円という借入額は金融機関にとってはほんの少額。なので、毎月安定した収入さえあれば、パートやアルバイト、派遣社員や契約社員の方でも即日融資を受けることは難しくありません。

パソコンやスマホを使い、申し込みから契約までのすべての手続きをWebで済ませてしまえば、あっという間に少額借り入れが完了します。

※但し、申し込む曜日や時間帯により、翌日以降の取扱いになるケースもありますので、ご注意ください。

\今日中に数万円借りれる/
安心の少額融資なら

24時間365日申し込みOK!
PC・スマホ対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれる
    三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。
  • Web完結で契約できる
    Web申し込みなら全ての手続きがネット上で完了。家族にバレるリスクが他社より低いです。
  • 初めてなら30日間利息0円
    はじめてプロミスを利用する方で、メールアドレス登録とWEB明細利用登録をした方は、30日間無利息でお借り入れが可能です。
  • 免許証だけで借りれる
    借入希望額が50万円以下なら、収入証明書の提出が原則不要です。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、学生や主婦でもアルバイトやパートで収入がある20歳以上69歳以下の方ならお金が借りれます。
  • 1,000円単位で借りれる
    限度額に関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます。
  • スマホなら専用アプリが便利
    プロミスのアプリなら今すぐ書類審査の申し込みができます。

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら毎月2,000円と、返済金額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が低く設定されているため、無理なく返済できるので安心です。

即日融資にも対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれる
    お申し込み時間によっては翌日になることも。ご注意ください。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、20歳以上の学生や主婦でもアルバイトやパートで収入があるならお金が借りれます。
  • 初回は30日間利息0円

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みを導入。この期間内に返済を行うことで、次回の返済期日が延長されるという仕組みです。返済金額は、借り入れ金額ごとに変動しますが、10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していく形になります。

数万円を借りる方法まとめ

今すぐ少しだけお金を借りたい方のために、今日中に無利息で借りれるおすすめのカードローンをご紹介しました。

銀行カードローンと比較すると消費者金融のカードローン金利は高いと思われがちですが、数万円だけの借り入れであれば、利息の支払いは安いのであまり気にならないと思います。

むしろ大手の消費者金融で借り入れした方が、最大30日間の無利息サービスがあり、お得に借りることができるのでおすすめです。

プロミスで借り入れした場合であれば、初回借入日の翌日から無利息期間が適用されるため、30日間の無利息期間がフル活用できます。(※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要)

一般的には、契約日の翌日から無利息期間となるケースが多いですが、「利息なしで借りたい」「どこよりも安く借りたい」という方には、プロミスの無利息サービスを利用するのが一番お得なのでおすすめです。

数万円借りる方法Q&A

こちらでは、数万円を借りる方法について、よくある質問とその答えをQ&A形式でご紹介しています。

「どうしても数万円借りたい」「数万円だけ借りる方法が知りたい」という方は、良ければこちらの情報を参考にしてみて下さい。

Q.数万円だけ借りるくらいなら、審査は通りやすいですか?

A.高額融資を希望するより少額融資を希望する方が、審査の難易度は低くなります。

一般的にカードローンは、借入額が高額になるほど審査が厳しくなり、返済能力の有無を問われます。

必要な時に必要な金額だけお金を借りる、これが賢い借り方ではないでしょうか。

最近では、Webですべての手続きが完了するWeb完結申し込みが便利ですが、少額だけ借りることで借りすぎが防げます。多重債務にならないこの借り方は、即日融資で借り入れしやすいという意味でもおすすめです。

Q.生活費が足りません…1万円だけ借りれるところってありますか?

A.はい。大手カードローン会社なら、最低借入れ限度額が1万円からとなっているため、1万円でも借り入れ可能です。

銀行カードローンの場合は、最低借入れ限度額が10万円に設定されていることが多いですが、消費者金融のカードローンの場合には、1万円から借りれるところが多いのでおすすめです。

最低借入れ限度額
プロミス1万円~
アコム1万円~
アイフル1万円~
銀行カードローン10万円~

Q.数万円借りたいんですが、土日祝日でも借りれますか?

A.はい。大手カードローン会社なら、土日祝日でも即日融資に対応しています。

こちらでご紹介しているプロミスアイフルはもちろん、土日審査にも対応しているため、土日祝日でも今日中に借り入れ可能です。
※申し込むタイミングによっては、翌日の取扱いになるケースもあります。

ただし、土日祝日の借り入れで気になるのが手数料。手数料がかかるなら平日に借りようと思う方もいるのではないでしょうか。

ちなみにプロミスの場合には、三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関に口座をお持ちの方であれば「瞬フリ」サービスを利用することで、土日でも24時間手数料無料で振込キャッシングが可能です。

アコム・アイフルの場合には、アコム専用ATMまたはアイフル専用ATMのみ、24時間365日手数料無料で借入・返済が可能ですが、それ以外の銀行またはコンビニ提携ATMの場合は手数料がかかります。ご注意ください。

借入のお金コラム

「名義貸し」はカードローンの契約に際しての禁止事項に該当します。

利用者本人が必ず自己名義で契約を行わなくてはなりません。

自己収入のない妻が夫の収入をローンの返済に充てる場合であっても同様で、契約の際には妻本人を名義人としなくてはなりません。

従って名義人である妻自身が責任をもって支払いをすることになります。

仮に生計を一にする家族である場合にも、本人以外の名義を使って借入契約をすると法に違反することになります。

仮に同意を与えていた場合には、名義を借りた側だけでなく貸した側も罪を犯したことになります。

はじめてキャッシングを利用する人が悩むのは借入先選びのようです。

それなら銀行系の良さは見逃せません。

他と比べて低い利率や、多いところで800万円もの融資枠があることもユーザーにとっては嬉しいところでしょう。

資金に余裕のある銀行が後ろ盾になっているので、貸金業としての堅実さがうかがえます。

ただ、条件によっては審査に時間がかかることもあるので、覚悟して手近で申し込むか、あるいは少しでも基準のゆるいところを狙うのがポイントでしょう。

借金をする場合、誰に借りるのが最善かわからない人も多くいます。

第一に、親族など身寄りのある人もしくは信頼関係のある友人から借りることが良いと思います。

しかし、誰も頼れる人がいないなどの状況にあって、一定程度の収入がある場合は銀行などにキャッシングを申し込んだりクレジット会社からのローンを利用して借金をする方法も考えられます。

急ぎであったとしても、カードローンを申し込む前にまず、比べてみてから判断しましょう。

カードローンを利用するなら銀行、または、消費者金融となるでしょうが、銀行の金利の方が低いというのが一般的です。

でも、他方では、審査通過のしやすさは、消費者金融の半分といわれています。

さらに、消費者金融だったら、あまり待たずに借りられることが多く、両者ともメリットとデメリットが挙げられます。

比較的高額の現金を用意する場合、キャッシングよりも分割返済の使えるカードローンが便利ですが、カード申し込みの時点でそれぞれに見合った金額設定がされていて、それぞれの収入に応じて、その3分の1を限度とした貸し付け額を守る、というのも収入額に見合わない負債を背負ったために起こる悲劇を未然に防ぐために定められた、総量を規制する法律があるからです。

気を付けないといけない事は、貸し付け進行中のカードだけのことを考えればいいというのではなく、本人名義のカードなら、すべてを含めねばならず、会社が違ってもすべてを合算し、対象の法改正であり、これまで借りられた額が、グンと抑えられたことで生活の見直しが必要になります。

簡単に説明すると、カードローン契約の件数は規定がないものの、金額で50万円分が返済中の場合、総量規制で設定された額から50万円か、あればそこからの返済済み分を計算して差し引いた分が今後借り入れ可能な金額ということが分かります。

身の破滅を招く借金地獄に陥る人も減ることが期待できますね。

学生生活といっても、学業以外のさまざまなイベントで急にお金が必要になる時があります。

そのような場合に便利なのがキャッシングですが、もし、いま20歳を過ぎていてアルバイトなどで定期的に給料をもらっているようであればキャッシングに申込できます。

一部の学生ローンでは、18歳以上からお金を貸し付けてくれますし、低金利なサービスが多いです。

あるいは、クレジットカードを作って、そのキャッシング枠で借入することも可能です。

学生でもお金を借りる方法があることが分かって頂けたかと思います。

ちなみに、どのような方法でもアルバイトなどで定期収入を得ていなければ借りられないことは覚えておいてください。

時々、収入のない学生でもキャッシング可能といった宣伝を見かけることがありますが、闇金の可能性が高いので、安易に利用してはいけません。

わたしたちが日々関わっている金融機関によって個人でできる借金の上限額がそれぞれ異なり、数万円ほどの小口や即日の融資だけではなく、300万円から500万円など数百万にも及ぶほど大きな融資も必要な審査に通過すれば受けることができます。

申し込みをしてから融資してもらえるまでが短時間で済み、すぐにでも必要な分のお金を手に入れることが可能なので使い勝手が良いと考えている人も多くいます。

各金融機関が発行しているカードを利用するというのがよくある借り入れの仕方でしょう。

カードローンは日々進歩しています。

とくに申し込みは、以前より格段に早く済むようになり、まさに「スピード融資」と言えます。

最新のものでは、借入に係るすべての手続きがPCやスマホアプリを使って出来る通称「ウェブ完結」なるものも出てきて、本当の意味で即日融資が一般的になりました。

提出書類は条件によって異なると思いますが、写真に撮ったりスキャナでスキャンしたものをアップロードするか、メール添付するなどで対応します。

数万円借りたい方向けお役立ち情報

\今すぐ数万円借りたいなら/
少額融資NO.1のプロミス

今すぐ数万円借りたいなら↓